コンテンツ

節約して会社設立

専門家に任せて費用と手間を節約して会社設立


会社設立は、全て自分一人の手でやることができます。

自分でやることによって、会社設立の流れに詳しくなるので良い経験にもなるでしょう。経費もある程度節約できますから。出費を抑えたい人も自分でやると良いかもしれません。

ですが、会社設立のためにおこなう手続きは、素人が簡単にできるものではありません。
必要書類は多く、法務局や公証役場などにも出向かなければいけないので、自分一人でやると手に負えないこともあるでしょう。

また会社設立の手続きを自分一人でやるのは、社長となる経営者です。会社設立の手続きをしながらその他の準備をしていると、混乱して行き詰まってしまうこともあるでしょう。

自分一人でやることも大切ですが、専門家に任せた方が全体的には良いのです。
専門家に会社設立の手続きを全て任せると、手続きの負担から解放されます。手続きに関しては必要最小限しかかかわらなくなるの、ほかの準備に集中することができます。

また、素人が一人でやるとミスも増えますが、専門家ならミスもありません。自分でやる部分についてもアドバイスをくれますから、計画どおりに会社設立ができるでしょう。

費用に関しても、専門家に頼むと余計な費用がかかると思うかもしれません。たしかに相談をすることによって、お金を払わなければいけません。

しかし、会社設立を自分一人でやると、定款に貼る収入印紙代が4万円必要になります。この4万円といった収入印紙代は、手続きの中で大きな負担です。

しかし専門家に任せると、この収入印紙代である4万円が不要になります。収入印紙代が不要になる理由は、定款を電子定款で作成するからです。電子定款で定款を作成すると収入印紙代が不要となり、結果的に費用も節約することができます。

電子定款だと費用が節約できるなら、自分一人でやるときも電子定款で作成しようとするかもしれません。
個人が電子定款を作成するためには、準備に費用がかかります。これでは収入印紙代の4万円を節約できたとしても、あまり意味はないでしょう。

また、電子定款を作成するための知識も必要になりますから、手間も増えることになります。ここまでのメリットを考えると、会社設立は自分で一人でやるのは、かなり大変なことだと分るでしょう。

自分一人でやるのも経験のためには良いことですが、ミスもなく手間や費用を節約できるプロに相談をして任せた方が会社設立には良いと考えられます。