重要な文字数

ホームページ制作で重要な文字数について

ホームページ制作において重要なことはどんなことでしょうか?例えば、SEO対策はとても重要なことです。SEO対策とは、自分のホームページが検索順位の上位に表示されるように工夫する対策のことです。このSEO対策が効果的に行えるなら、ホームページはより多くの人に知られるようになり、栄えていくことになります。

ということで、ホームページ制作においてSEO対策はとても重要な要素です。さて、ホームページ制作におけるSEO対策ではどんなことを工夫できるのでしょうか?

一つには文字数があります。コンテンツの豊富さと言い換えることができます。文字数の多さがコンテンツの充実度を示すとは限りませんが、一つの目安になるのです。たくさんの文字数がそこにあれば、それだけ多くのコンテンツがそこにあると判断されます。
実際の統計結果でも、検索順位の上位(1ページ目)に表示されるサイトについては、文字の多いサイトがランクインしていることが分かっています。

それは大体、1ページ目あたりで1500文字前後であるとされています。そして1200~1300文字前後がこの下に続くという形になっています。したがってホームページ制作において文字の数は重要です。

ただし、文字が多ければそれでよいというわけではありません。きちんと整えられた形になっている必要があります。例えば、ただ闇雲に数を増やすために文字を羅列しただけでは有効なものとはなりません。

SEO対策の要件を満たす条件があり、それに沿った形で文字の数を増やさなければなりません。文字情報を構成する場合には、不可視テキストではなく可視テキストにする必要があります。可視テキストにすれば、そのサイトがコンテンツが豊富であると認識されるようになります。

さて一方、文字数が多ければ多いほど良いというのは間違いです。実際の統計結果では、1ページあたりの文字数が2000文字を超えると、そこから途端にランクインしにくくなることが分かっています。まして3000文字以上ともなれば、上位にランクインされるサイトは皆無となります。

したがって現状で、文字が多ければ多いほど良いという考えは有効でないことが分かります。ホームページ制作においては、閲覧者がブラウザ上で目視する文字情報、つまり可視テキストを充実させることが大事です。

検索エンジンでは、不可視テキストより可視テキストのほうを評価しているといわれています。